TOEIC

スタディサプリTOEICの申し込み前の方が知っておくべきこと

スタディサプリTOEIC 申し込み

マイペースでTOEIC対策が出来る、スタディサプリTOEIC。
リクルート系列が運営している、TOEIC対策専用のオンラインサービスです。
これ以外に、日常英会話とビジネス英会話を学べるコースもあります。

このスタディサプリTOEICですが、初めて使う方は無料で体験できます。
全コンテンツが利用できますから、十分に試す価値はあると思います。
僕も本気でTOEICの点数を伸ばしたい友人には、同サービスの利用を推奨しています。

ただ、このスタディサプリTOEICは申し込み前に知っておいた方が良いことがあります。

意外と知らないまま、申し込みをしてしまっている方が多いです。
場合によっては損をしてしまうので、正直勿体ないんですよね。
実際、僕の友人の中にも良くない方法で申し込みをしていました。
それを伝えて、その場ですぐに変更させましたけどね(笑)

まず、申し込みはウェブサイトからやるべきです。
言い換えると、スタディサプリTOEICの公式アプリからはNGです。

これは色々理由がありますが、アプリは手数料が加わって高いからです。
ウェブサイトからやれば直契約なので、手数料が加算されないです。
スタディサプリTOEICの場合、ベーシックプランでも約500円違います。
この金額の差は大きいですよね。

そして、出来る限り一括で支払う方が良いです。
毎月払いも可能ですけど、一括の方を基本的には選ぶべきだと思います。

体験前の方からすると、悩むところかもしれません。
ただ、スタディサプリTOEICの場合には一括にリスクがないです。
もし止める場合には、返金制度があるからです。
退会月の翌月以降の料金が戻ってきます。

そもそも、無料体験中に止めれば請求自体がないです。
ですから、一括を選ぶようにした方が良いです。

後は、キャンペーンをやっているかをチェックすることです。

ジムなども、新規会員を集めるためにキャンペーンをやりますよね。
スタディサプリTOEICでも、キャンペーンをやる時があります。
その時に入ると、入会特典があるので結構お得なんです。

キャンペーンの内容については、毎回変更があります。
やらない時期も普通にありますから、実施状況をチェックしておくと良いです。
公式サイトにアクセスすれば、キャンペーンの状況が分かると思います。

僕の友人ですけど、公式アプリから登録して課金していました。
手数料が加わることを知らなかったようです。
継続していたので、数千円損していたことになります(笑)

この記事を読まれた方は、是非損をしないでスタディサプリTOEICを始めて下さい!

公式問題集のみでTOEICの勉強をするのは避けた方が良い理由

TOEIC 公式問題集のみ

TOEICを受験する方が絶対に買うべきなのは、公式問題集です。
僕はTOEICに関して何を買うべきかと聞かれたら、絶対に公式問題集を買うべきだと伝えています。
書店でも目立つように置かれていますし、Amazonでも売上上位です。

それは、公式問題集には色々なメリットがあるからです。
詳しくは『TOEICを受験するなら、公式問題集は必要と断言できる理由』をご覧下さい。

とはいえ、TOEICの勉強を公式問題集のみにするのは良くないです。
TOEIC公式問題集をやり込めという記事などもありますが、個人的には反対です。
特に初心者の方、700点未満の方は止めるべきだと思います。

理由ですけど、公式問題集は基礎知識やテクニックを習得できる物では無いからです。

確かに解説はありますけど、量で言えば不十分です。
イディオムも載っていますが、それだけでは足りないと思います。

公式問題集というのは、基本的には総仕上げとして使うモノです。
英単語、英文法といった基礎知識を固め、各パート攻略のテクニックを学んだ方が、身についているかどうかを試す為に使用します。

未経験のスポーツで、いきなり実戦形式の練習をするのはどうでしょうか。
上手くできる訳がないですし、ミスだらけで終わりますよね。
まず基礎トレーニングをして、その後に実戦形式の練習をする方が良いはずです。

TOEICの場合も、同じだと思います。
700点未満の方は基礎知識を学び、それ以上の点数の方は点数を伸ばす為に欠かせない先読みなどのテクニックを学ぶ方が良いです。
その上で、身についたかどうかの確認のために公式問題集に取り組みましょう。

問題演習に限って言えば、公式問題集のみでも良いです。

市販の問題集というのは、正直問題の質が悪い物も多いからです。
本番の試験とのレベル、難易度の差があるというパターンです。

公式問題集の場合、公式ですから質は凄く良いです。
何冊もありますから、演習目的ならそれをやりこむのもOKです。

もっと問題を解きたいという方は、スタディサプリTOEICもオススメです。

実践問題集というコンテンツがあり、公式問題集と同じ形式の問題が用意されています。
問題の質についても、公式問題集の製作スタッフがセレクトしていますので良いです。
初めての方は無料体験が出来ますから、実践問題集も試せます。
興味があったら、使ってみると良いと思います。

ただ、スタディサプリTOEICは始める前に知っておいた方が良いことがあります。
もし体験に興味があるようでしたら、『スタディサプリTOEICの申し込み前の方が知っておくべきこと』もご覧になってみて下さい。

TOEICを受験するなら、公式問題集は必要と断言できる理由

TOEIC 公式問題集 必要

TOEICを受験するならば、公式問題集は絶対に必要です。
安くはないですけど、絶対に1冊は買うべきだと思います。
TOEIC教本でも、TOEIC関連のブログでも同様のことが書かれているはずです。

どうして必要なのかというと、公式問題集ならではのメリットがあるからです。
複数ありますから、それぞれについてお伝えしていきたいなと思います。

一番大きな理由としては、問題の質が素晴らしいということです。

公式問題集というのは、本番の試験と同じプロセスで問題が作られています。
ですから、本番と限りなく同レベルの問題に触れることが出来るのです。

市販の問題集の場合、本番とのレベル差がある物もチラホラあります。
『本番の方が難しかった』という状況になってしまうので、良くないです。

個人的に良いと思っているのが、リスニングパートです。
公式問題集のリスニングパートですが、公式スピーカーの音声になっています。
本番の音声も担当する方の音声ということになります。

厳密にいうと、同じ人とは限らないです。
ただ、公式スピーカーは色々とトレーニングを受けています。
話す速度等が限りなく同じなので、その点も良いと思います。

値段がネックの方もいらっしゃるかと思います。
1冊が約3000円位ですから、学生からすると少し高く感じますよね。
もし安く購入したいならば、メルカリ等から入手するのもアリです。
定価よりも安く手に入るので、良いと思います。

中古ですから、購入する場合には書き込みがない方が良いと思います。
そこが重要なのはわかっていますので、出品側も書き込みの有無について触れている方も多いです。

後は、必ず本番前に余裕を見て解くようにして下さい。
解くことも大事ですけど、間違えた部分を復習する方がもっと大事だからです。
復習等の時間を考えると、本番の2,3週間前には解いておくべきだと思います。

700点未満の方、初心者の方はTOEIC公式問題集だけでは足りないです。
700点に達していないということは、英語の基礎力が足りていないからです。
公式問題集だけではそれらを培うことは出来ないです。

個人的には、スタディサプリTOEICがオススメです。
TOEIC専用のサービスですので、TOEICで必要な英語の基礎を学ぶことが出来ます。
文法の講義はプロの講師が担当しているので、分かり易いです。

初回の方は無料体験ができるので、興味がある方は一度体験すると良いと思います。
ゲームアプリの様に一部しか体験できるわけではなく、全部体験できますので。

ただ、スタディサプリTOEICは使う前に知っておくべきことがあるので、もし体験に興味がありましたら下記の記事もご覧になってみて下さい。

スタディサプリTOEICの申し込み前の方が知っておくべきこと