公式問題集のみでTOEICの勉強をするのは避けた方が良い理由

TOEIC 公式問題集のみ

TOEICを受験する方が絶対に買うべきなのは、公式問題集です。
僕はTOEICに関して何を買うべきかと聞かれたら、絶対に公式問題集を買うべきだと伝えています。
書店でも目立つように置かれていますし、Amazonでも売上上位です。

それは、公式問題集には色々なメリットがあるからです。
詳しくは『TOEICを受験するなら、公式問題集は必要と断言できる理由』をご覧下さい。

とはいえ、TOEICの勉強を公式問題集のみにするのは良くないです。
TOEIC公式問題集をやり込めという記事などもありますが、個人的には反対です。
特に初心者の方、700点未満の方は止めるべきだと思います。

理由ですけど、公式問題集は基礎知識やテクニックを習得できる物では無いからです。

確かに解説はありますけど、量で言えば不十分です。
イディオムも載っていますが、それだけでは足りないと思います。

公式問題集というのは、基本的には総仕上げとして使うモノです。
英単語、英文法といった基礎知識を固め、各パート攻略のテクニックを学んだ方が、身についているかどうかを試す為に使用します。

未経験のスポーツで、いきなり実戦形式の練習をするのはどうでしょうか。
上手くできる訳がないですし、ミスだらけで終わりますよね。
まず基礎トレーニングをして、その後に実戦形式の練習をする方が良いはずです。

TOEICの場合も、同じだと思います。
700点未満の方は基礎知識を学び、それ以上の点数の方は点数を伸ばす為に欠かせない先読みなどのテクニックを学ぶ方が良いです。
その上で、身についたかどうかの確認のために公式問題集に取り組みましょう。

問題演習に限って言えば、公式問題集のみでも良いです。

市販の問題集というのは、正直問題の質が悪い物も多いからです。
本番の試験とのレベル、難易度の差があるというパターンです。

公式問題集の場合、公式ですから質は凄く良いです。
何冊もありますから、演習目的ならそれをやりこむのもOKです。

もっと問題を解きたいという方は、スタディサプリTOEICもオススメです。

実践問題集というコンテンツがあり、公式問題集と同じ形式の問題が用意されています。
問題の質についても、公式問題集の製作スタッフがセレクトしていますので良いです。
初めての方は無料体験が出来ますから、実践問題集も試せます。
興味があったら、使ってみると良いと思います。

ただ、スタディサプリTOEICは始める前に知っておいた方が良いことがあります。
もし体験に興味があるようでしたら、『スタディサプリTOEICの申し込み前の方が知っておくべきこと』もご覧になってみて下さい。

SNSでもご購読できます。